■営業日カレンダー
  • 今月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2019年1月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    (      発送業務休日)

エクストラヴァージンオリーブオイル

★エクストラバージンオリーブオイルとは脂肪酸が0.8%未満であること以外にいくつもの科学的基準をクリアーしたオリーブオイルのことです。

注釈:Free Fatty Acid(酸度) Oleic Acid(オレイン酸) Peroxide Value(過酸化物) UV Organoleptics(紫外線)


ペルシャンパレスのエクスラバージンオリーブオイルについて

天然の美肌づくり成分もたっぷりスペイン産のピュアなオリーブオイル

アルベキーナ種の故郷でもあるスペインからの直輸入することになりました。

これも30年お世話になっている日本の皆様の健康を願ってのことです。

広大なスペインの大地から収穫したばかりの果実を搾油した後、濾過処理することなく、直ちに瓶詰めされた新鮮でとてもフルーティーな逸品をぜひご賞味ください。

また、オリーブオイルは酸化が大敵ですのでお早めにお使いいただけない場合は、食品としてだけではなく全身マッサージなどでも果実のような香りと素肌になじむオリーブオイルの潤い成分をお楽しみいただくことができます。

搾ったままの天然100%バージンオリーブオイルには、美肌づくりに欠かせない成分(ポリフェノール、オレイン酸、βカロテン etc)がたっぷり含まれています。


オリーブオイルの味わい方

ーまわすーワインのようにまわすと、アロマの分子が空中に放出され、香りが漂ってきます。

ー嗅ぐーグラスにとりすばやく嗅ぐ。アロマが、オイルのフルーティーな香りの鍵です。

少しの空気と一緒にオイルを口に含んでください。軽く吸い込むことにより、オイルが乳化し、口の中に広がります。喉から鼻に抜けた香りと、口の中の香りが異なるのをお楽しみください。

ー飲み込むー少し飲み込んでみてください。のどに感じる余韻をお楽しみください。


オリーブオイルを新鮮に保存する方法
(エクストラバージンオリーブオイルを新鮮で衛生的に保つための秘訣)

エクストラバージンオリーブオイルを新鮮で香り豊かに保つのに重要なのは、光と熱と空気の処理です。
一般的には直射日光を避け、暗い戸棚にオリーブオイルを保存するのがよい方法です。

なぜなら、紫外線がオリーブオイルを劣化せせるからです。
このため製品は色の濃いボトルに入れられ、光が当たらないように厳しく管理されています。

オリーブオイルは温かい所やストーブ、またはオーブンの近くに保管しないでください。

エクストラバージンオリーブオイルを保存するには室温で十分ですが、なるべく熱源から離れた戸棚に保管してください。

オイルを冷蔵保存すると新鮮に保てます。(未開封時)
1度室温に戻すとオイルは賞味期限が短くなる恐れがあります。

冷蔵庫から室温に戻すと風味がある程度損なわれてしまいます。開封後はお早めにお召し上がりください。

オリーブオイルはフルーツジュースのようなものなので、傷みやすいとお考えください。

オイルを空気にさらすと酸化が進み、風味が損なわれる恐れがあります。

一度封をあけたらなるべく、風味が損なわれない、1~2ヶ月の間にお召し上がりください。

紫外線からオイルを保護し酸化をできるだけさせないためにガラスの瓶を使用しています。
温度管理された場所に保存された未開のものは、棚に置かれたものよりは長持ちします。

どんなオイルも、熱や空気や光にさらすと劣化し、時間がたつと、オイルの品質、新鮮さ、風味が失われてしまいます。開封後はおはやめにお召し上がりください